在宅ワークをやってみて思った事

確定申告の手続き

青色申告 節税に向いている確定申告の方法である青色申告について。事前申し込みや青色申告をする為の条件。または、実際、どのくらい節税が可能なのかについて。
白色申告 在宅ワークでの1回目の確定申告は、多くの場合、白色申告になる事が予測されます。その理由や実際のやり取りについて。

抑えておきたい確定申告

在宅ワークで収入がある場合、それぞれの状況において一定の収入額に達成すると、確定申告をしなければいけません。

  • 副業の場合:年間所得20万円以上
  • 本業の場合:年間所得38万円以上

所得とは、収入から必要経費を引いた純利益のことを指します。
1年間の在宅ワークでの収入から、必要経費を差し引いて残った分が副業で20万円以上、本業で38万円以上となった場合には、確定申告が必要となるわけです。

これより収入があるのにも関わらず、確定申告を行わないと法に触れることになります。場合によっては、追徴課税という形で、違約金の支払いを命じられることもありますので要注意です。

実際は、収入が小さければ、そこまで気にする必要も無いようですが、一応、そのようなリスクがあるので確定申告を行っておく準備はしておく方が良いと思います。